筋肉は日々使うことが大切です。それは顔にも言えます。目や口を動かす習慣をつけると良いです。例えば、スマホやパソコンを見ていると無意識に無表情になっていることが多いです。無表情になっていると顔の筋肉は緩んでしまうので、スマホを見ながら目を大きく見開いたり、口を上にしながら横に引っ張るという顔エクササイズをすると次第に顔が引き締まってきます。口を「い」と「う」の形にすることを繰り返すのも小顔になる方法の一つです。ゆっくりとしっかり口を動かすのがポイントです。ゆっくりしっかり動かすことが顔に対するストレッチになります。顔の筋肉を動かす習慣をつけると、小顔になるだけでなく、顔全体に対する表情もイキイキとします。1日五分でいいので毎日続けることで成果がでます。顔に刺激を与え、小顔を目指すことは継続的な美容に繋がります。

ちょっとした時などに出来る小顔になる方法

小顔になるには顔の筋肉を使わないといけません。人間は毎日無意識に顔の筋肉を使っていますが、小顔になるには意識して筋肉を使わないと小顔にはなれません。顔は表情筋と言うもので動いています。この筋肉を意識して使えば小顔になれます。例えば毎朝歯を磨く時や洗顔をする時に鏡を見るのでその時にシャープになりたい箇所の筋肉を動かすとその箇所が集中的に動くので効率的になります。小顔になる方法は他にもあり顎など肉を減らしたい時は舌を使います。舌を出して下に向かって力を入れると凄い疲れます。それほど顎の筋肉を使ってるとも言えます。舌を出すのが気になる人は口を閉ざしたのまま舌を口の中でぐるぐると大きく動かすだけでも効果があります。顎の肉が気になる人はこれらの方法を毎日行うと段々と効果が現れます。他にも小顔になる方法はたくさんあるので自分が気になる部分を集中的にシャープにする為にどの筋肉を使えば良いのか見つけてみましょう。

今日だけ小顔になる方法

小顔になる為には、即効性を期待しすぎてはいけませんが、今日だけはどうしても顔を小さく見せたいという日もあるのではないでしょうか。そこで、短時間で小顔になる方法、あるいは続けていくことでも小顔効果が期待できる方法を例に挙げましょう。たった1分でできる顔痩せ体操として、下を動かすと舌骨が動きます。小顔になる為には首や顔周りの筋肉をつけるとよいとされ、舌を動かすことにより首や顔周りの筋肉に繋がっている舌骨を動かすことが効果があります。一日1分、それを二週間続けて行うと効果的です。空き時間などにおすすめです。引き締め効果のある「あいうえお」体操で、「あいうえお」と大きく口を動かし発音練習をしていきます。何度も繰り返し行うことで、短時間で顔のシェイプアップにもなります。耳たぶや顎の運動では、耳たぶを軽くつまんで後ろへ4回まわします。次に目元から耳元へかけ、リンパを送るようソフトにマッサージを行います。それから再び耳たぶを4回まわして、最後に顎をゆっくりと左右に動かします。この流れを4回行うと、見違える程小顔になってくることでしょう。